おすすめの資格関連の情報

事務に関する知識を広げたい時の資格とは

経理系の資格は持っているけれど、実際に事務職として働いてみると、総務や人事に関連した知識も必要になるという話をよく聞きます。

大きな企業で役割が明確に分かれている場合もありますが、事務職の多くは少人数で様々な業務をこなすため、幅広い知識が求められます。

知識を身につけたいけれど、何から手を付けたら良いか迷っている方にお勧めなのが、給与計算実務能力検定試験です。

給与計算は担当外だから関係ないと思われるかもしれませんが、給与計算のベースである法令や法律を学ぶことから始めるため、ビジネスパーソンとしての知識も身に付きます。

更に給与計算以外の業務でもその知識が役に立つので、社員から質問を受けたときや新入社員教育などにも対応や応用が出来るでしょう。

また、すでに給与計算ソフトを使用して業務に携わっている方も、仕組みを理解するための学習が出来、スキルアップに繋げることが出来ます。

どんな試験なのか気になったら、給与計算実務能力検定試験のサイトがありますので、ぜひ確認してみてください。

給与計算にはどんな知識が必要になるのかということから記載してあるので、学習範囲がよく分かります。

Comments are closed.